casa piatto

永年満足の平屋の家、カーサピアット

大きな軒を有する平らな屋根や、
地面に根付くような立ち姿が美しい
「casa piatto」。


家の中心にあるLDKから寝室、
水回りなどが平らかにつながり、

子育て世代にも、シニア世代にも
暮らしやすい構造が特長です。

自由度が高い間取りと
たっぷりの採光が魅力の
「正方形プラン」も、

庭とのつながりを重視した
「長方形プラン」も、

四季折々の表情を楽しむ
『日本の暮らし』に
ぴったり馴染みます。

適材適所に配置された、家の15%を占める大容量の収納スペースもうれしい。

いつでも室内が整った、
シンプルな暮らしが
実現します。

casa basso

晴れでも雨でも美しい、
長く住み継ぐ平屋の家、カーサバッソ

casa basso

穏やかで、
どこかやすらぎを感じる佇まい。
「casa basso」の切妻屋根や深い軒、
計算しつくされた秩序ある空間は、
心地よさと同時に
品格を感じさせます。

建築家の柳瀬真澄氏の

「家の内部でも外部でもない、
中間領域を大切に考えたい」という思い。

それを一つのかたちにしたのが、

庭に面した窓の向こうに設えられている
ウッドデッキです。

この縁側とも呼べる場所によって、

家のどこにいても季節や風、
自然の音色を感じられます。

「casa basso」の室内空間は
視野の広さに重点を置いて
設計されていて、
その広い空間は、
ライフスタイルに合わせて
仕切りながら使うことも可能です。

南側には、建物を雨や風から守る1m35㎝の
深い軒が設えられています。


日本建築の伝統的な知恵である深い軒は、
夏の強い日差しを遮り、
冬のやわらかな日差しは室内に取り入れる

環境調節装置の役割を担ってくれます。


また、軒先から落ちる雨雫を眺めていると、
不思議と気分が落ち着いてくるものです。


そんな自然と調和する
心豊かな暮らしを実現するのが、

「casa basso」なのです。

casa amare

愛すべき日本の家、カーサアマーレ

日本の風土や文化は長い年月をかけて、
美しく、機能性に富んだ「住まい」の
かたちをつくり上げてきました。

いま、日本の家々は
めまぐるしく姿を変え、
多様化の道をたどっています。

わたしたち日本人が心から愛することの
できる家とはどんな家なのか。
それを追求し、たどり着いた答えが
casa amareです。

切妻の屋根は、
日本の家のかたちの原型のひとつ。
日本人は古くから、
三角の屋根の下で暮らしてきました。
casa amareのシンボルは、
美しい切妻屋根。
この切妻には「大和比」
と呼ばれる比率が存在しています。

伝統美を継承するだけではありません。


casa amareには、
最先端のテクノロジーが
随所に取り入れられています。



屋根材には耐久性の高い
「ガルバリウム鋼板」を採用、
構造を支えるのは
「ハラテック21」という金物で、
耐震性と耐久性が保証されています。

断熱・気密性能においても
次世代の省エネ基準を
クリアしています。


ホームページから
ご応募いただいた方に
施工事例を掲載した
DESIGNブックを
無料でプレゼント

火曜・水曜定休 10:00~18:00

〒461-0018
愛知県名古屋市東区主税町
2丁目24番
TEL: 052-953-6800
FAX: 052-953-6801

〒488-0014
愛知県尾張旭市三郷町中井田55-1
第2TCIビル
TEL: 0561-54-1221
FAX: 0561-53-9400

Copyright(c)2017 TACHIKI HOME Corporation. All rights reserved.